全国の有料老人ホームをご紹介するサイト

介護サポートサーチ

主なメリット

有料の老人ホームは普通の老人ホームに比べて何が良いのか?

有料老人ホームは通常の老人ホーム(介護保険施設)と違い介護保険が適用されないので、費用が割高になります。しかし、快適な老後を送るために有料老人ホームに入居することを選ぶ方も多く、それに伴って様々なサービスを行う施設も増えてまいりました。以下に主な形態の説明とメリットを記載します。

○混在型

自立・認知症・身体介護・見守りなど、介護・身体状態に関係なく、お好きなお部屋を選んでいただく方式をとっている携帯。
・メリット
食事やレクリエーションなど、大きな集団で生活するので、職員の配置を基準人員で行うことができる。そのため、人件費にかかる費用を抑えることができ、比較的低価格な所が多い。元気な方が、介護の必要な方の面倒をみたりするので家庭的な雰囲気になりやすく入居者同士が仲良くなりやすい。賑やかさを好まれる方にはオススメ。

・デメリット
個々の細かな要求に対応するのが困難になりやすく、一人ひとりへのサービスが少なくなる。

○グループケア型

数階建の比較的大きな施設が多く、階によって、自立・身体介護・認知症など住み分けをしている方式をとっている形態。
ただし、食事やレクリエーションまで、階別に行うのか、一緒なのかは老人ホームによって違うので要確認。

・メリット
同じ介護状態の方たちで生活するので、気兼ねがなく、精神的負担が少ない。
例)認知症の方の混乱が少ないなど 自立の方で独居が不安になり将来的にも介護を希望する方には向いている。

・デメリット
階によっては、職員の人員配置にバラつきが出やすい(身体介護と認知症介護の階に集中してしまう可能性が高い)。また対人関係にトラブルが生じたときに、居室の住み替えなどの問題が生じることもある。

○ユニットケア

少人数の単位(5~9人)で個々の介護状態別に、専任の担当者をつけて、グループケアを行うケアサービスの形態。
それぞれのグループごとに、キッチンやリビング・お風呂などが設置されていることが条件であるため、少人数のグループに分けて介護を行い、お風呂やキッチン、食堂が1つしかないというのはユニットケアとはいわない。

・メリット
個々の介護状態のペースに合わせてケアが受けられる。一定期間職員が担当になるため、連携がとりやすい。特に認知症のケアには効果が期待される。

・デメリット
入居者同士のトラブルが生じたときに住み替えなどの問題が生じることもある。

■老人ホームの種類と選び方について

老人ホームの種類は上記にあるよう様々ではありますが、ご入居される方のご状態や、ご家族のご条件・ご要望によりお選びする分類などがある程度決まっています。
お身体は元気だけれども認知症が進行している方は、グループホームや有料老人ホームが選択肢としてお選びいただく事になり、特養や老健が満室のため、待機する場所として探したいという方は有料老人ホームが候補となりえるといった具合です。
地域により老人ホームの種類が多い・少ないといった事情もありますし、予算が合うかどうかも大きな要素となりますので、ご自身の地域にどういった種類があり、どの程度の費用がかかるのかをお調べいただく事が第一歩となります。
当サイトでは全国の老人ホーム・介護施設をご紹介しておりますので、お探しの際には是非お役立て下さい。

今すぐ介護用品を探す

おすすめの老人ホーム・介護施設などをPICK UP!!

おすすめの老人ホーム・介護施設などを「介護サポートサーチ」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

Q&A QRコード